Kanger Tech - TOPBOX Mini【温度管理機能付き・電子タバコ/VAPEスターターキット】 [#1799]

Kanger Tech - TOPBOX Mini【温度管理機能付き・電子タバコ/VAPEスターターキット】 [#1799]

販売価格: 11,111円(税別)

(税込価格: 12,000円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

:
電池:
数量:
大人気「SUBOX MIni」に後継機「TOPBOX Mini」が登場!
リキッドを上から入れるトップフィル&温度管理搭載、もちろんRBA使用可能!


Kanger Tech製のBOX MODスターターキット「TOPBOX Mini」
初心者から上級者まで幅広く支持を得ていたSUBOX Miniに改良を加えた後継機で、リキッドを上から入れられるトップフィル方式を採用、最大出力を75Wにアップし、さらに温度管理機能も搭載。
もちろん自分でコイルを巻きなおせる大好評のRBAキットも付属しています。

普通の機能だけでも充分オススメですが、さらに優秀になったKanger Techの温度管理機能。
温度管理で現在主流のニッケル、チタン、ステンレススチール素材のコイルのほか、なんと普通のW出力用ニクロム&カンタル素材のコイルでも温度管理が可能に!
ニッケル、チタン、SSなどの温度専用コイルに比べて安定感や精度では劣るものの、ほぼ全てのアトマイザーやコイルで温度管理が使えるというのは、今までの常識を覆す画期的な性能です!


【TOPBOX Miniの特徴】
☆アトマイザーは上からリキッドを注入出来るトップフィル方式
☆爆煙でも普通にも使える幅広い出力調整(7W〜75W)
☆業界初、ほぼ全てのコイルで使用可能な温度管理機能(TC)を搭載。
☆新コイルを採用。ニッケル&Kanger初のSSコイル。さらに爆煙クラプトンコイルも付属!
☆自分でコイルを巻けるRBAキット付属

【温度管理機能ってなに?】
温度管理(Temperature Control、以下TC)は、予め温度を設定し、その温度で止まるようにバッテリーが出力します。

【温度管理機能の利点は?】
・コイルが焦げにくい。
・一定の温度で吸えるので味が安定する。
・リキッドの消費も抑えられる。
・バッテリーの消費も抑えられる。



【商品仕様】
バッテリーユニット仕様:
■ IMR18650電池を1本使用(連続放電MAX30A以上推奨)
■ 電池を入れたままUSB充電可能
■ 5クリックスイッチ
・スイッチボタンを5回連打することで電源がON/OFFします。
■ OLEDディスプレイ
・電池残量、コイル抵抗値、出力を表示
■ ボタンで出力調整

【安全機能・通知機能】
■ 電池ショート保護(ディスプレイに0.00Ωと表示される)
■ アトマイザーとの通電不良(ディスプレイに9.99Ωと表示される)
■ 電池の逆極性保護(電池のプラスマイナスを間違えても通電しません)
■ 10秒プロテクション(10秒以上スイッチボタンを押し続けると自動OFF)
■ 電池の残量不足(電池のインジケーターが点滅します)
■ 【TCモード時のみ】ノーリキッドプロテクション(コイルが乾いていると通電をストップして焦げを防ぎます)

アトマイザー仕様:
■ リキッドを上から入れるトップフィル方式
■ チューブはガラス製(メンソール使用可)
■ リキッド容量4.0ml
■ エアフロー機能
■ 3種類のコイルヘッド付属(Ni 0.15Ω、SS 0.5Ω、クラプトン0.5Ω)
■ コイルヘッド内部には日本製オーガニックコットン使用
■ 自分でコイルを巻けるRBAキット付属

W出力
・使用可能コイル材質:カンタル、ニクロム
・出力範囲:可変7W〜75W(使用可能な抵抗値:0.1Ω〜)

温度管理機能(TC)
・温度設定範囲:華氏、摂氏選択可能・200〜600°F/100〜300℃
・出力設定:Ni(ニッケル)、Ti(チタニウム)、SS(ステンレススチール)、NiCr(ニクロム&カンタル)が使用可能
・使用可能な抵抗値:0.1Ω〜

サイズ:全長141mm、幅37mm、太さ22mm



【商品内容】

■ KBOX Mini TC × 1
■ TOPTANK Mini × 1
■ SS 0.5 Ohm(温度管理用・推奨ワット数15W〜60W) × 1
■ Clapton 0.5 Ohm(W出力/温度管理兼用・推奨ワット数18W〜70W) × 1
■ Ni 200 0.15 Ohm(温度管理用・推奨ワット数15W〜50W) × 1
■ USB充電ケーブル × 1
■ RBA コイル × 2
■ RBA Mini Plus Base × 1
■ RBA用ドライバー × 1
■ RBA用ネジ × 4
■ RBA用・日本製コットンシート × 1
■ マニュアル(英語他) × 1

*IMR18650電池は付属していません(別売り)



【製品の特長・ご使用方法】

コイルは3種類&RBAが付属してあり、それぞれ設定が異なります。
本体下部のボトムを外し、好きなものに付け替えて使用して下さい。
また、別売りでSUBTANK用コイル(OCC)も互換性があるので、ご使用いただけます。




【青いラインのコイル】
初めから本体に装着されている青いラインのコイルは温度管理用(0.15Ω・Ni200)です。
安定した味と、コストパフォーマンスに優れています。

【赤いラインのコイル】
予備に付いている赤いラインのコイルも温度管理用(0.5Ω・SS)です。
こちらも安定した味と、コストパフォーマンスに優れています。Niと違った味の出方をお楽しみ下さい。

【黒いラインのコイル】
予備に付いている黒いラインのコイルは0.5Ω(推奨出力:18W〜70W)です。
通常は温度管理を使わずW出力で使用しますが、「NC」で設定すれば温度管理でも使えます。
こちらの内部コイルは1本のワイヤーの上にもう一本別のワイヤーを螺旋状に巻いた「クラプトンコイル」というものを使用しています。高出力が必要ですが、リキッドを気化させる表面積が大きいため、味の良さと煙量を両立しています。


自分でコイルを巻きコットンを詰めるRBAも付属しています。
当店でサポートはできませんので、付属の説明書などを見ながらご使用下さい。


【コイル交換について】
コイルは焦げ臭くなったり、喉がイガイガしたら交換して下さい。コイル交換目安は2〜3週間程度。
使う出力、吸う頻度によって変わりますので、早い人だと数日〜2週間以内で駄目になる人もいます。
温度管理用も、温度を上げすぎるとコイルの寿命は短くなります。



リキッドを上から入れるトップフィルなので、アトマイザー上部のフタを回して開けます。


真ん中の穴に入れないよう側面にリキッドを注入します。
コイルが大きいため、初回とコイル交換時は充分染み込むまで、20〜30分ほど待ってからご使用下さい。




エアフローで吸い心地が調整できます。




接続部分は互換性の高い510コネクタのため、他社のアトマイザーもご使用いただけます。




マグネットカバーを外し電池(別売り)を入れます。(電池はIMR18650)




バッテリーユニットのディスプレイには電池残量、コイル抵抗値、出力が表示されます。
プラス・マイナスボタンで、出力や温度の調整です。




アトマイザーとバッテリーユニットを組み合わせ、スイッチボタンを素早く5回押して電源ON/OFF
吸うときはボタンを押しながら吸います。




アトマイザーを取り付けて、スイッチボタンを押すと「NEW ATOMIZER?」と表示されます。
コイルが新しい場合は「YES」、古い場合は「NO」を選択して下さい。




大きいボタンを素早く3回押すと設定変更です。
コイルの種類に合わせて設定を変えて下さい。

【温度管理(TC)OFFモード】
温度管理されません。コイル材質はカンタル。付属の黒いラインのコイルの時に使用します。
小さいボタンで7W〜75Wの調整が出来ます。コイルの推奨W数(18W〜70W)で使用して下さい。


【温度管理(TC)モード】
小さいボタンで温度調整が出来ます。350°F〜500°F/180〜280℃ぐらいがオススメです。


大きいボタンを素早く3回押すごとに、対応するコイルの材質が変わります。
Ni(ニッケル)→Ti(チタニウム)→SS(ステンレススチール)→NC(ニクロム/カンタル)
必ず使っているコイルの種類に合わせて下さい。

付属コイルは青いラインがNi、ピンクのラインがSSです。




小さいボタンを両方長押しするとディスプレイが反転します。




USB充電ケーブルを本体下部に装着し、簡単に充電出来ます。
別売りのACアダプターを使えばコンセントから高速充電も可能です。(スマホのACアダプタなども使用可能)
▶Aspire製・USB - ACアダプター

*充電しながらのご使用はバッテリーに負担がかかりますのでお控え下さい。



【TOPTANKシリーズのメンテナンス】
煙は水蒸気なので、吸い口の内側に水滴(結露)が付きます。
その結露がたまると、ジュルジュル音がなって吸いづらくなったり、エアフロー部分より液だれしますので、定期的にメンテナンスをして下さい。

コイルを外し、ボトム内部を綿棒などで掃除します。


また、過剰供給(リキッドが染み込み過ぎ)でも液だれする場合がありますので、寝る前や、使わない時間が長い時はアトマイザーを逆さに置いておくと液だれ防止に効果的です。

メンテナンスをしても、あまりにも液だれが酷いようだと、コイルが焼け細ってる可能性がありますので、コイル交換をご検討下さい。
また、持ち運ぶ時はエアフローを閉じると液だれを多少防ぐことができます。




▶電子タバコ/VAPEの保証について