Kanger Tech - DRIPBOX2【中〜上級者向け・電子タバコ/VAPE スターターキット】 [#2167]

Kanger Tech - DRIPBOX2【中〜上級者向け・電子タバコ/VAPE スターターキット】 [#2167]

販売価格: 8,148円(税別)

(税込価格: 8,800円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

人気のボトムフィーダー式・スターターキット「DRIPBOX」にバージョン2が登場!
専用ソフトウェアも使用出来て細かいカスタマイズも可能!


Kanger Tech・DRIPBOX2(ドリップボックス・ツー)
18650電池(30A以上推奨)を1本使用、ディスプレイ付きで、最大80W出力、温度管理機能も搭載。
通常は自分でコイルを巻いて、コットンを詰めて使うRBA(リビルダブルアトマイザー)ですが、このDRIPBOXでは既にコイルやコットンがセットされた「Drip Coil」を採用する事により、普通のカートリッジ型のコイルと同じような感覚で交換・使用することができます。
もちろん、自分で巻きなおしてもOKなので、初心者のRBA入門としてもオススメです。

また、本機はBF(ボトムフィーダー)方式を採用。リキッドボトルを本体に格納し、そのボトルを絞る事で、アトマイザーにリキッドが供給される仕組みとなっていますので、いちいちリキッドをアトマイザーに垂らす手間が省け、持ち運びにも便利です。

さらに他の機種との最大の違いは、カスタマイズ専用ソフトウェア「KangErVapor」で、それを使う事により、ディスプレイ表示の文字やロゴ、出力の波の調整、温度管理の調整など、かなり細かく、自由にカスタマイズが可能になっています。(今のところ、WINDOWSのみ対応)


【DRIPBOX2の特徴】
☆アトマイザーは自分でコイルを巻くRBA(簡単Drip Coilあり)
☆MTL(口腔)吸いも、DL(直肺)吸いも両方に対応したエアフロー機能
☆ボトムフィーダー式でリキッドチャージも楽々
☆最大出力80W、温度管理機能搭載(Ni、Ti、SUS、TCR)
☆18650電池1本使用(連続放電30A以上推奨・別売り)
☆専用ソフトウェア「KangErVapor」で様々なカスタマイズが可能



【セット内容・商品仕様】

3色からお選び下さい。


【セット内容】
■ Subdrip(RBA0.3Ωセットアップ/カンタル 0.6Ω×2) × 1
■ Dripbox2 × 1
■ DripCoil 0.2Ωセットアップ(カンタル 0.4Ω×2) × 1
■ マイクロUSBケーブル × 1
■ 交換用リキッドボトル × 1
■ RBA コイル × 2
■ スピットバック防止フィルター × 1
■ RBA用・日本製コットンシート × 1
■ マニュアル(英語他) × 1
*IMR18650電池は付属していません(別売り)

【バッテリー部分の仕様・特徴】
■ 18650電池1本使用(連続放電30A以上推奨・別売り)
■ 電池を入れたままUSB充電可能(5V/1A)
■ ボタン式出力変更
■ リキッドボトルを格納(リキッド容量7ml)
■ 各種安全機能(電池短絡保護、電池逆極性保護、熱保護機能など)
■ ソフトウェアにて各種カスタマイズ可能。
■ M1〜M5まで登録した出力方法で使用も可能。
■ 使用可能な抵抗値:0.1Ω〜 2.5Ω
■ バッテリーユニットサイズ:縦84mm × 横57mm × 厚み23mm

■ バッテリー出力(Wモード)
・出力範囲:5W〜80W

■ 温度管理機能(Ni/Ti/SS/TCR)
・温度設定範囲:200〜600°F・100℃〜315℃
・出力設定:ワット(自動)
・Ni(ニッケル)、Ti(チタン)、SS(ステンレススチール)コイルが使用可能
・ドライヒットプロテクションで焦げ防止。

【アトマイザー部分の仕様・特徴】
■ 自分でコイルを巻いてコットンを詰めるRBA(デュアル)
■ MTL・DLの切り替えエアフロー機能付き
■ リキッドは上からも下からも供給可能
■ 簡単に交換出来るDrip Coilも別売りあり。
■ アトマイザーサイズ:全長26mm × 太さ22mm(接続部分含む)



【ご使用方法】

マグネットになった底蓋を外し、リキッドボトルを回して引き抜きます。
ボトルにリキッドを入れ、本体に戻します。(容量7ml)




本体下部のリキッドボトルを押すと、アトマイザーにリキッドが供給されます。




アトマイザーのフタを取るとリキッドの染み込み具合がわかります。
このまま上からリキッドを垂らしてもOKです。




トップキャップを回すとエアフローで吸い心地を調整出来ます。
MTL (mouth to lung)に合わせると吸い心地が重く、DL (direct lung)に合わせると吸い心地が軽くなります。




付属のスピットバック防止フィルターを吸い口の内側につけると、口へ熱い飛沫が来るのを防げます。




本体底部のキャップを外して18650電池を1本入れます。(30A以上推奨・別売り)
プラスマイナスの向きにご注意下さい。




パフボタンを素早く5回押して電源ON/OFF。吸うときは押しながら吸います。
設定変更ボタンで温度や出力変更が出来ます。
本体にマイクロUSBポートがありますので、電池を入れたまま付属のケーブルで充電可能です。
スマートフォンなどのACアダプターを使えばコンセントからも充電可能です。(5V・1Aの物を使用して下さい)




初めてのときや、コイルのつけ外しをした時に「NEW COIL」と表示されます。
コイルが新しい場合や設定変更したい場合は「YES」、コイルが古い場合や前回の設定を引き継ぎたい場合は「NO」を押して下さい。この選択によりコイルの抵抗値を読み込んで記憶しますので、間違った場合は一度アトマイザーを外し、再度つけて選択し直して下さい。




パフボタンを素早く3回押すごとに、設定が切り替わります。
TC(温度管理)モードで使う場合、ディスプレイ右上にコイルの材質「Ni」「Ti」「SS」「TC」が表示されますので、必ず使っているコイルの材質と合わせて下さい。
「TC」は自分で温度係数値を変更するTCRモードで、専用ソフトウェアで設定が必要です。


【W出力モード】
5〜80Wで調整して使います。
温度管理はされておりませんので、コイルはカンタルで使用します。
元からついているコイル、付属のコイルもこちらで使用出来ます。

【温度管理モード】
温度管理されています。オススメは350°F〜500°F(150℃〜250℃)程度です。
コイルはNi(ニッケル)Ti(チタン)SS(ステンレススチール)が使用出来ます。
元からついているコイルではこのモードは使えません。

【マイナスボタンとパフボタンを長押し】
設定した出力でロックされ、変更出来なくなります。

【プラスボタンとパフボタンを長押し】
ディスプレイの表示向きが反転します。



コイルを交換するときはアトマイザーの上部を引き抜きます。(結構固いので注意)


RBAユニットは回して取り外し、専用RBAユニット「Drip Coil」と交換可能です。
もちろん、自分でコイルを巻いたり、コットンを詰めなおしても大丈夫です。
自分で作る場合は当店でサポートはできませんので、よくお調べの上ご使用下さい。




DRIPBOX2専用のソフトウェア「KangErVapor」がメーカーページからダウンロード出来ます。(Windowsのみ、Mac非対応/英語版のみ)
ダウンロードはこちら(http://kanger-tech.com/Firmware/KangErVaporSetup_v1.4.0.6_DRIPBOX 2.zip

DRIPBOX2が電源OFFの状態でパソコンに繋ぎ、「KangErVapor」を開いて下さい。
出力や温度の波を調整したり、、、


ロゴや文字のカスタマイズも可能。
自分で日本語にしたり、絵を描いて表示させる事もできちゃいます。
「Default」ボタンを押せば初期設定に戻りますので、どんどん変更してカスタマイズしてみましょう!(*各種設定はサポート対象外です。ご自身で行って下さい。)



【マイナスボタンとプラスボタンを長押し】
カスタマイズモード。ソフトウェアで設定した出力や温度の波で使用出来ます。
M1〜M5まで設定出来ます。





▶電子タバコ/VAPEの保証について